出会い系 女性向け

出会い系の印象が変わった

私は今、25歳で首都圏で派遣社員として働いています。
こちらに上京してくる前は田舎でも都会でもない、過ごしやすい地域に住んでおり、そこで生まれ、高校を卒業し、
その後すぐにこっちへ出てきてアルバイトをしたり派遣をしてみたりティッシュ配りをしてみたりしていました。

 

出会い系と出会ったのは、そのティッシュ配りのアルバイトの同僚からの紹介でした。
今、出会い系にハマっているんだという話から始まり、出会った体験談を聞き、さあやってみよう!と流されて始めました。

 

最初は抵抗があったのですが、19歳にしてまだ性行為をしたことがなく、そういう行為に興味があったのも事実だったのですんなりハマってしまいました。
紹介されたのはYYCというところで、自分の想像の出会い系よりもフランクで、SNSのようだったので出会い系をしている、という意識がなく楽しめました。

 

普通のSNSよりも顔を出している方が多かったので、面食いの自分としてはイケメンばかりと絡んだりできたのもとても楽しかったです。笑
そうこうしているうちに一人のイケメンと仲良くなり、飲みにいくことになりました。
出会い系で出会ったのだからきっとそういう行為もするのだろう、と覚悟を決め出会いました。

 

しばらくいろんな話をしているうちに終電の時間になり、どうなるんだろう…と相手の方の出方を伺っていたのですが、そのまま帰ることになりました。
私にそんな魅力がなかったのかな…としばらく落ち込み、でもやり取りは続いていたために相手の真意を計りかねていたのですが、
1ヶ月後くらいに告白をされ、真剣にお付き合いをすることになりました。

 

出会い系=すぐヤる、というイメージを持っていたのに彼氏ができてしまい自分でも驚いていますが、この関係を大事にしていこうと思っています。